Q. キャニオニングは危険ですか?

A. 遊園地などと違い大自然が相手です。歩く道は岩の上や河原など、転んで怪我する可能性は高くなります。 
これ以外にも都会には予想もしない危険が潜んでいます。それらの危険を予測し減らしていくことでお客様に楽しんでいただけるようにするのがガイドの仕事です。ガイドの指示通り従わない場合怪我の可能性が高まります。
これらの点を、十分認識した上でご参加ください。

Q. 泳げなくてもできますか?

A. ウェットスーツにはかなりの浮力がありますし、コースによってはライフジャケットも装着します。
ですが水が恐怖でパニックを起すという方はご遠慮ください。

Q. 雨でもできますか?

A. 雨天決行ですが 渓谷内の水量が増して危険な場合は中止にさせていただきます。

Q. 生理でもできますか?

A. 参加できます タンポンの使用をお勧めします。

Q. 駐車場はありますか?

A. ベースの前に駐車スペースがあります。 

Q. 宿泊はありますか?

A. 予約の際に、お問い合わせください。

Q. カメラの持ち込みはできますか?

A. 全てのコースでお客様自身のカメラを持ち込んでいただけます。
カメラは防水の物をストラップを付けてご持参ください。
紛失、破損等当方では責任を負いかねますのでご了承ください。
特にキャニオニングでは岩場を歩いたり、高い場所から水に飛び込んだりすることがありますのでご注意ください。